フォトアルバム

カテゴリ

カテゴリ「01野鳥のページ(2009年 5・6月)」の22件の投稿 Feed

2009年6月29日 (月)

初夏の里山090627

 羽をふるわせているものも数羽混じったメジロの群れを見ているとキビタキが元気よく飛び込んできました。

Kibitaki0906271

 オオルリのさえずりは、近くで聞くとほんとに大きい。

Ooruri0906271

 突然現れたサンコウチョウ。こちらは、ゲ~っという声だけ。

Sankoutyou0906271

2009年6月20日 (土)

アオバズク090620

 昨日の夕刻にいた同じ場所に、今朝もとまっていました。 昨年は観察に来なかったので2年ぶりです。繁殖の無事を願います。

Aobazuku0906201

Aobazuku0906202

2009年6月14日 (日)

サンコウチョウ090614

 今日も地元の里山でサンコウチョウを待ちました。一つ目のポイントは、声はすれども…。そこで二つ目のポイントへ移動しました。

 若い♂が姿を見せてくれました。

Sankoutyou0906141

 さえずり

Sankoutyou0906142

Sankoutyou0906144

これは、おそらく雌。

Sankoutyou0906145

2009年6月13日 (土)

アオゲラ090613

 地元の里山でサンコウチョウを待っていると横枝に何かがとまるのが見えました。

 アオゲラです。

 サンコウチョウの方は、一度近くで鳴きましたが、その後静まりかえってしまいました。

 Aogera0906131

光り的には厳しい角度でしたが、+補正とアクティブDライティングを標準設定にして。

Aogera0906132

2009年6月 7日 (日)

サンコウチョウ090607

 今日も地元のサンコウチョウを見に行きましたが、午前中はさっぱりだめでした。昼近くにもう一度行ってみると、今度は縄張り争いなのか、盛んに鳴きながら動き回っていました。高速で突っかけて追い払うような行動も見られました。

 惜しくも尾羽の先端が入らず。

Sankoutyou0906071

木漏れ日が射す中で

Sankoutyou0906072

Sankoutyou0906073

2009年6月 6日 (土)

サンコウチョウ090606

 先週に続いて地元のサンコウチョウポイントへ出かけました。シーンとした雑木林で待つこと1時間近く、サンコウチョウの声が響いてきました。

 Sankoutyou0906061

Sankoutyou0906062

しばらくすると再びシーンとした雑木林にもどってしまいました。

ポイントを移動することに。

ここでは、すぐに声が響いてきて、尾の短い、おそらく♂が出てきました。

Sankoutyou0906063

近くに来ましたが…。

Sankoutyou0906064

Sankoutyou0906065

2009年6月 3日 (水)

サンコウチョウ090531

 地元の里山に今年もサンコウチョウが来ています。ポイントで待つと、しばらくそばで鳴いてくれますが、すぐにシーンと静まりかえってしまいます。この日は、ワンチャンスでしたが、雑木の隙間から撮りました。

Sankoutyou0905311

2009年6月 2日 (火)

チュウヒ090530

 カラスの群れが騒いでいるので見ていると、羽ばたきがトビではない。久々のチュウヒだった。

 夕刻再びチュウヒを観察していると、田んぼの方へ飛び去り、しばらくすると獲物をつかんでもどってきた。

Tyuhi0905301

Tyuhi0905302

2009年6月 1日 (月)

オオバン090530

 ヨシの茂みの中で、オオバンが子育て真っ最中です。親鳥は、ヨシの外縁まで出てきて、餌となる植物の茎の芯を採っては雛に与えていました。白い茎は、セロリのように見えて、中々おいしそうでした。番が雛を見守る様子がほほえましく見えました。

 雛は、茂みの外縁にはまだ出てきません。見るところ、一羽のようです。

 写真は、対岸から撮影したもので、大トリミングしています。

Ooban090531

Ooban0905312

2009年5月31日 (日)

カンムリカイツブリ090530

 子育てに参加していない風のカンムリカイツブリはすぐ近くの水面に現れてくれる。(こう見える個体がけっこう多い。)

Kanmurikaituburi09053010

Kannmurikaituburi0905301

うまそうな魚をゲット

Kanmurikaituburi09053011

Kannmurikaituburi09053032

これは、沖合いから現れた一家。しばらく双眼鏡で追ったが、また沖合いに消えた。何故か、一人っ子のよう。

Kannmurikaituburi0905313

少し離れたヨシの茂みから出てきた雛たち。

さすが、水鳥。うねりが出ているのに、雛を連れて外洋訓練に出発。うねりの底に入ると見えなくなった。

Kannmurikaituburi0905303

少し進むと、Uターン。

「はい、今日はここまで!よくできました。」

Kannmurikaituburi0905305

トリミングしてみました。

Kannmurikaituburi0905306