フォトアルバム

カテゴリ

カテゴリ「01野鳥のページ(2012年11・12月)」の26件の投稿 Feed

2013年1月 2日 (水)

チュウヒ121231

 チュウヒ撮りは、風が適度に強い時の方が面

白いと思う。

それに、風向きは絶対重要な要素。

 ということで、フィールドに着いたとき、今日の

出を予感してしまう。

もっとも、予感が外れることも多いけれど・・・。

 翼をひねって、チュウヒが来た!

Tyuuhi1212311

Tyuuhi1212312_2

Tyuuhi1212313_2

2013年1月 1日 (火)

ハイイロチュウヒ121231

 チュウヒ、ノスリ、ハヤブサ、ハイタカ、ミサゴ

どが時々姿を見せていた葦原。

それはそれで、楽しいのだが、やっぱりハイチ

ュウが・・・・・。

 夕方近くなって、ようやくこいつが出てくれ

た。

Haiirotyuuhi1212311

Haiirotyuuhi1212312_4

Haiirotyuuhi1212313_2

Haiirotyuuhi1212314

Haiirotyuuhi1212315

キクイタダキ121229

 大晦日は珍しく紅白歌合戦を最後まで観た。

 歌番組をじっくり観たのは、ほんとに久しぶり

だ。舞台効果その他、技術が随分進んでいて

感心してしまった。出演グループの名前に舌が

回らなくて笑われたりしながら、くつろいで年を

越した。

 2013年、良い年になりますように。

Kikuitadaki20131

Kikuitadaki20132_3


2012年12月30日 (日)

オジロビタキ121229

 冬にしてはポカポカと暖かい日だった。

 オジロビタキも元気に林の中を飛んでいた。

 地面に飛び降りては、細いミミズのような餌

いばんでいる。

 じっと立っていると、すぐそばの枝まで飛んで

来る時もあった。かわいい小鳥だ。

Ojirobitaki1212291


Ojirobitaki1212292

Ojirobitaki1212293

Ojirobitaki1212294

採餌も一段落。のびを始めた。

Ojirobitaki1212295_2






2012年12月29日 (土)

オジロビタキ121226

 明るい林に独特の地鳴きが聞こえてきた。

 近くにジョウビタキ、ルリビタキが縄張りを張

っている。

 オジロビタキがルリビタキの縄張りに入ると、

ルリビタキが盛んに追い出しにかかっていた。

Ojirobitaki1212261

 Ojirobitaki1212262




2012年12月28日 (金)

ミコアイサ121224

警戒心が強くて、生垣の隙間からの撮影。

それでも、とうとう近くには寄ってくれなかった。

Mikoaisa1212241
ぐっとのび上がって・・パタパタか!と思ったらそのまましゃがんでしまった。

Mikoaisa1212022




2012年12月26日 (水)

ルリビタキ121224

 ルリビタキが地鳴きしながら、下藪の中を跳

ているのが見えた。

 しばらく待っていると、そばの倒木の上に出

てきた。ちょっと、警戒心がゆるい気がするけ

ど・・・。

Ruribitaki1212241

Ruribitaki1212242_2



 

2012年12月25日 (火)

コハクチョウ121223

 現地に着いたのは9時半を過ぎていたので、

もう飛び立った後だろうと思ったら、嬉しいこと

まだだった!

 さっそくカメラをセットして待っていると、家族

鳴き交わしながら、良い風を待っているのが

かる。これだけの体を持ち上げるのは大変

だ。

 やがて力強く水面を駆けて、次々と飛び立っ

て行ったいつ観ても、迫力のあるシーンだ。

Kohakutyou1212231

Kohakutyou1212232

Kohakutyou1212233







2012年12月16日 (日)

ハイタカ121216

 小枝の込み入った立木から、狙い澄ましたよ

にハイタカが飛立った。

 真横を低くかすめて来た。 

 真逆光だ!!

Haitaka1212161





Haitaka1212162_2


Haitaka1212163

2012年12月15日 (土)

オオタカ121215

 二日酔いの朝は、雨降りでちょうどよかった。

 午後遅く、地元の猛禽を観に出かけた。

 フィールドに着くなり、肩をいからせたシルエ

が目に入った。

 やっぱり、オオタカだ。

 今日は成鳥が陣取っていた。

Ootaka1212151