フォトアルバム

カテゴリ

カテゴリ「01野鳥のページ(2012年 1・2月)」の15件の投稿 Feed

2012年2月26日 (日)

冬の晴れ間120219

 雪が降った翌日は、冬の晴れ間になった。

うっすらと残雪があるフィールドで、一日のん

びり過ごした。 

 ジョウビタキが縄張りを主張しながらノイバラ

の枝に来た。

Jyoubitaki1202191


 素早い動きで赤い実をついばんだが、画面

の端になってしまった。

Jyoubitaki1202192

 ふと見ると、ベニマシコがいた。静かにお食

事中だ。

Benimasiko1202191

Benimasiko1202192_4

 白い毛玉のようなエナガも枝を渡って行く。

Enaga120219

 チュウヒも、何度か姿を見せてくれたが、雪の

反射のせいか、ボワッと写ってしまうことがあっ

た。

Tyuhi1202191_3

Tyuhi1202192_4

2012年2月19日 (日)

オオジュリン120218

 今日は雪降り。

 小止みになったとき、オオジュリンが茎の皮

をはいで採餌しているのを撮った。

 

 雲が切れると、風景の色彩が変わっていく。

とても綺麗だった

 夕刻、再び激しく降り出したので退散。

Oojyurin1202181

 Oojyurin1202182

Oojyurin1202183







2012年2月14日 (火)

ハイイロチュウヒ♀タイプ120211

 猛禽を期待しながら、堤防で待ちの態勢。

フィールドの雰囲気にも左右されるが、「今日

動かない。」と決めて過ごすのは、結構好き

だ。

 4時半を過ぎた頃、残照に照らされて♀タイプ

が葦原にもどって来た!

Haiirotyuuhi1202111

Haiirotyuuhi1202112_3

Haiirotyuuhi1202113_2

 

2012年2月11日 (土)

ベニマシコ120205

 午後遅くなって、ベニマシコが姿を見せた。

しばらく近くの枝で様子をうかがった後、よう

く下へ降りてきて採餌を始めた。

Benimasiko1202051

Benimasiko1202052



2012年2月 7日 (火)

ジョウビタキ120205

 この冬、ようやくジョウビタキを撮ることができ

た。毎年、家の庭にも来るのに、今季はまだ見

かけない。 

 殺風景な背景だけれど、やっぱり今季初撮り

新鮮な気分になった。

Jyoubitaki1202051

 白髪がかっこいい!

Jyoubitaki1202052




2012年2月 6日 (月)

エナガ120204-05

 エナガの群れが忙しそうに採餌しながら木々

を渡って行く。なかなかすばやい。

 やっぱり細枝にぶら下がっているのが、エナ

ガらしくていいと思う。 

 

Enaga120204

Enaga1202051_3

Enaga1202052_2

Enaga1202053_3

 よく見ると、茶色の尺取虫を飲み込んでいる

のがいた。う~ん、栄養がありそうだ。

Enaga1202054




2012年1月30日 (月)

アリスイ120129

 朝夕1時間ほど近くのフィールドへ行ってみ

た。今季もアリスイが冬を過ごしている。

 今日は短時間しかフィールドで過ごせず、し

ばしのお楽しみだ。

Arisui1201291


 立木の茂みに入ったかと思ったが、よく見

と切り枝にとまっていた。樹皮のような羽毛な

ので、木化けしているつもりなのかも知れな

い。

Arisui1201292

 今度は草地に降りたので、低姿勢で接近。

しっかりとその羽毛を拝見した。

Arisui1201293


2012年1月28日 (土)

ベニマシコ120128

 声はすれども…という感じだったが、ようやく

今季初撮り。

Benimasiko1201281
 まず♀が、撮影距離へ出てくれた。

Benimasiko1201282

だいぶ待たされて、♂がようやく姿を見せて

くれた。

Benimasiko1201283

Benimasiko1201284








2012年1月22日 (日)

ハイイロチュウヒ♀120122

 ハイイロチュウヒばかりでなくチュウヒも出が

悪い。毎年、多い少ないは感じるものの、小鳥

も含めて今年の少なさは特別な気がする。

 

 

Haiirotyuji1201221

2012年1月16日 (月)

ホオジロ120114

 堤防で鳥待ちしていると、近くの枝にホオジ

ロたちがバーッととまった。

 こんな時は、猛禽が来ているかもしれない

とは思いつつその群れを見ていると、色合い

薄く顎線がほとんど無いのがいた。

Hoojiro1201141

首を伸ばして。

Hoojiro1201142_3

腰のオレンジ色が綺麗だった。

Hoojiro1201143_2