フォトアルバム

カテゴリ

カテゴリ「01野鳥のページ(2015年 9・10月)」の31件の投稿 Feed

2015年10月31日 (土)

オオタカ 151031

 今日は紅葉に来る小鳥を待ちながら猛禽も期待するという欲張り態勢。
 期待に応えてオオタカの成鳥が現れた。

Ootaka1510311_01  下面の鷹斑は薄く、白さが際立つ。

Ootaka1510312_01  翼先分離の前から6枚め(P5)は、ほとんど突出していない。

Ootaka1510316_01  小さいタカが現れて高速で接近。

Ootaka1510313_01  小型のタカの翼先分離は6枚。P5は突出。
 ハイタカだ。

Ootaka1510314_01  大きさ比べ。
 高度の差はあまり無いと思うが、若干ハイタカが上にいる。

Ootaka1510315_01

鷹が出た! 151030

 紅葉した木々に来る小鳥を待っていると、上空に猛禽が現れた!
 猛禽への意識が全く無かったので慌ててレンズを振った。

 なんとかとらえていた数カットを見てみると・・・、
 翼先分離は6枚。風切りの鷹斑が明瞭でP5が突出している。
 上面の羽縁はバフ色。
 ハイタカ幼鳥のように見える。

Haitaka1510301_01_2  喉には多数の濃い縦斑。

Haitaka1510302_01 胸の三日月斑はけっこう密につながっている。

Haitaka1510303_01  猛禽が飛び去ってしばらくすると、小鳥たちの地鳴きが再び聞こえ始めた。

2015年10月30日 (金)

色くらべ(キビタキ・ムギマキ) 151028

 カラスザンショウの木の前では、ともすると「なあんや、キビタキかぁ・・・。」なんて言われてしまうキビタキですが、レモンイエローのお腹はとても綺麗です。

Kibitaki1510281_01_2  一方、ムギマキ♂の方はオレンジ色。
 出会えたとしても短期間なので思わず力が入ります。

Mugimaki15102810_01

2015年10月29日 (木)

ムギマキ♂の特徴

 図鑑によると、ムギマキの雄は「外側尾羽の基部が白い」とあります。
 雄成鳥の画像から、それと分かるものを一枚選んでみました。
 確かにはっきりと白いです。

Mugimaki1510287_01  雄の若鳥もこの特徴を備えているはずなので、画像を探してみました。
 はっきりと分かる画像ではありませんが、拡大するとなんとか確認でき雄の若鳥だと分かります。

Mugimaki1510288_01 フィールドではこの識別点を確認するのは難しいので、雄若と雌の見分けは胸の色合いで概ね見当を付けることになりますが・・・。
 下の画像を見ると、このムギマキは外側尾羽の基部が白く、雄の若鳥のようです。

Mugimaki1510289_01

ムギマキ151028

 複数のムギマキがカラスザンショウに集まって飛び交った。
 動きは速く、おなかの色は葉っぱと同じ。
 なかなかとらえ難い。

Mugimaki1510281_01  ちょっととまった瞬間を狙ったけど、背景が同色になってしまった・・・。

Mugimaki1510282_01_2  めずらしく葉っぱの上に!
 喜んで連写したが、主人公が葉に溶け込んでしまう。

Mugimaki1510283_01  上の方の実を物色中のムギマキ。

Mugimaki1510284_01  下の方の枝に来るのは稀。
 この位置は背景が暗いのでマイナス補正で白トビ回避。

Mugimaki1510285_01  少し間があったので縦位置にしてみた。

Mugimaki1510286_01  この日は頻繁に出てくれて退屈することは無かったけど、未熟な技量でボツ写真の量産という結果。
 「少しは頭使って、考えて撮りや!」って、ムギマキに笑われた気分です。

2015年10月27日 (火)

アカハジロ 151027

 久しぶりに電車に乗って出かけたので、ちょっと新鮮な気分だった。
 帰りに一杯飲んで・・・などと雑念も。

 早朝に着こうと思っていたのに出遅れてしまったので心配したけど、無事アカハジロに出会えて一安心。

Akahajiro1510261_01  メジロガモに似てるなぁ・・・、というのが第一印象。

Akahajiro1510262_01  とりあえずパタパタも・・・。

Akahajiro1510263_01  虹彩が白く、雄エクリプスのようだ。
 繁殖羽になるまでいてくれるかなぁ・・・。

Akahajiro1510264_01


 
 

2015年10月22日 (木)

ツミ 151022

 カラスザンショウの前でムギマキを待っていたら上空をツミが飛んだ。
 おそらく雌の成鳥。(トリミング)

Tumi1510221_01  で、お目当てのムギマキの方は・・・、
 木立の中にチラチラ見えるだけ。

Tumi1510222_01

2015年10月19日 (月)

田んぼとノビタキ 151018

 稲刈りが終わったこの田んぼには、複数のノビタキがいた。

Nobitaki151017_01  刈り取りを待つ田んぼの脇にも。

Nobitaki151018_01

2015年10月17日 (土)

越冬地へ 151017

 稲刈りの進んだ農地を背景に飛ぶノスリ

Nosuri1510171_01  半日待ってようやく・・・

Nosuri1510172_01

2015年10月16日 (金)

青空食堂151013

 青空食堂の定連さん、エゾビタキ

Ezobitaki1510131_01

 せわしなく黒い実をついばんで・・・、

Ezobitaki1510132_01

 何故か弾いた・・・。

Ezobitaki1510134_01_2   そして、またご来店。

Ezobitaki1510133_01