フォトアルバム

カテゴリ

« チョウゲンボウ161119 | メイン | 毛嵐の海 161125 »

2016年11月27日 (日)

海鳥 2016秋

アホウドリは遠く・・・。

Ahoudori161123_00014_335_2コアホウドリの撮影チャンスは一度だけ。

Koahoudori161123_00006_327 ・・・

Koahoudori161123_00007_328 ・・・

Koahoudori161123_00008_329 ・・・

Koahoudori161123_00009_330

クロアシアホウドリは、カモメたちに混じって漁船の周囲に複数。

Kuroasiahoudori161123_00017_336 
・・・・

Kuroasiahoudori161123_00001_320 ・・・

Kuroasiahoudori161123_00002_321 ミツユビカモメは、頻繁に見られました。

Mituyubikamome161123__323

 翼先の黒い三角が印象的な美しいカモメです。

Mituyubikamome161123_00003_324


M型模様の若鳥も綺麗でした。

Mituyubikamome161123_00004_325

・・・

Mituyubikamome161123_00005_326


波が高く、さんざん潮を浴びて雨具もビショビショ。
後半は吹雪になって冬の寒さになりました。
トウゾクカモメは何度も見られましたが、撮影は難しかったです。
この時期、長い中央尾羽が無いものが多かったのですが、中にはまだ残っているものもいました。

Touzokukamome1611231_322 フルマカモメ。

Hurumakamome161123_00012_333 ・・・

Hurumakamome161123_00013_334 シロエリオオハムの姿も。

Siroerioohamu161123_00010_331 ・・・

Siroerioohamu161123_00011_332 その他、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ウミネコ、ワシカモメ、ユリカモメ、ウミアイサ、ウトウ、ウミスズメ、オオミズナギドリ、マガモ、キンクロハジロ、クロガモ、ヒメウ、ウミウ、ヒシクイ、ヒバリ、ツグミなど。
ヒバリ、ツグミは南下する船を休憩場所にしながら飛んでいるようでした。
ヒバリもこんな旅をするんだ・・・と、意外な気がしました。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350383/34009407

海鳥 2016秋を参照しているブログ:

コメント

UYANさん、こんばんは。
おや?北の国から、ですかね。
このタイプの鳥見鳥撮りは沢山の条件が揃わないと
満足!!とは行きませんよね。
果たしてUYANさんの満足度は如何に?
続きが楽しみです。

山鵜さん、こんばんは。
いえいえ、ちゃんとベースキャンプに帰還しています。
ちょこっと、とんぼ返りの航海に出て、びしょ濡れになってきました。(笑)
満足度は・・・、鳥の出(・_・)、鳥との距離(-_-;)、撮影成果(T_T)って感じでしょうか。

コメントを投稿